ラインでお気軽にご相談ください。

LINE

お知らせ・ブログInformation/Blog

2022/09/30

松山市で家を売るなら、査定ポイントを知っておこう

松山市で家を売るなら、査定ポイントを知っておこう

不動産の売却を検討している場合、「どれくらいの価格で売れるか」を気にする方は多いでしょう。売却価格によって今後の人生プランも変わってくるため、できることなら売却前に費用感は把握しておきたいところです。そこで今回は、不動産の買取価格を左右する査定ポイントについて紹介します。

 

◎築年数

不動産を売却する際、もっともチェックされるべきポイントと言っても過言ではないのが「築年数」です。築年数は浅ければ浅いほど、評価額は高まる傾向にあります。逆に、築年数が非常に古くなっている場合、評価の下落は避けられません。

 

例えば、木造一戸建ての物件である場合、築15年が経過していると新築時の15%程度の価値となってしまうでしょう。また、注意しておきたいのが「耐用年数」です。木造住宅の場合、耐用年数は22年と国で定められており、一般的には築20年が経過した時点で物件としての評価はゼロとなってしまいます(ただし、松山の場合は築年数が20年超えていても建物の評価が十分にある場合があります)。この場合、査定では土地の評価だけで買取の金額が決定されるため、想定よりはるかに低い評価額となるケースもあるでしょう。

 

また注意点として、土地の評価額については不動産会社によって異なる可能性があります。そのため、少しでも高額な売却を望んでいるなら複数の会社に査定を依頼してください。

 

◎エリア

不動産の査定では、土地の形状も重要なポイントとなります。特に、整形地(正方形や間口の広い長方形に近い土地)であればあるほど、高評価を得られるでしょう。整形地に近い形状の場合、買主が建物の建築や駐車スペースなど土地の利用をしやすくなるからです。さらに、家を建てるのに十分な広さがあれば、価格はより上昇すると考えられます

 

一方で、形状が良くない土地の場合、評価が下落する懸念があります。例えば蛇のようにうねった形状をしている土地や、間口が狭く奥行きは長い「旗竿地(シキエン)」、節点が直角でない土地の場合、低評価は覚悟しなければなりません。ただし、こうした欠点を抱える土地でも、十分な広さがあれば売却できる可能性はあります。

 

◎間取り

不動産の査定では土地の広さや物件の築年数だけでなく、間取りなどもチェックします。例えば、物件に以下の要素があるようならアピールポイントにつながるでしょう。

 

・豊富な部屋数

・生活に快適な部屋の広さ

・家事のしやすい導線

・プライバシー確保のしやすさ

・可変性間仕切りの存在

・収納性の高さ

 

また、時流に乗った間取りであればあるほど、売却価格も高くなる傾向にあります。売却する不動産がマンションの場合、2LDKや3LDKであれば高額な価格が付きやすくなるはずです。理由として、2LDKや3LDKはファミリー層が生活をしやすい間取りとなっているほか、これから結婚・出産を考えているカップルからの人気も高い点が挙げられます。1LDKはやや手狭と感じる層にとって、ちょうどいい間取りとなっているのがポイントとなるでしょう。

 

中でも3LDKの人気は高いため、それだけで良い値段の付く期待が持てます。ただし、3LDKのマンションは数多く売りに出されているため、より高額売却を狙うのであれば、上記で紹介したようなアピールポイントが必要になるでしょう。

 

一方で、スムーズな売却が難しい傾向にあるのが4LDKです。間取りの中でもかなりの広さとなりますが、それゆえ価格も高額になるため、買い手が現れない事態も考えられます。とはいえ、買取であればそうした懸念を抱く心配はありません。

 

◎道路

査定では、土地と道路の接し方についてもチェックが入ります。建築基準法において、敷地は幅員4mの道路に2m以上接する必要があると定められており、これが守られていない場合は建物を建てられなくなります。当然、査定の際に土地の価値はゼロと判断される懸念もあるでしょう。また、前面道路の幅員が狭い場合、その土地で大きな建築物を建てることは難しくなるため、こちらについてもマイナスポイントです。

 

また、土地と道路の高低差についてもチェックしておかなければなりません。道路と比べて土地の高さが低い場合は、敷地内で下水のポンプアップが必要となることなどから、価格の下落は避けられないでしょう。一方で、道路に比べて土地がやや高い程度であれば、査定においてマイナスとなる可能性は低くなります。

 

◎「この家売れる?」とお悩みなら、C-next不動産へ

不動産を売却したいと考えていても、築年数や立地の問題から「不動産が売れないのでは?」「ほとんど値段がつかないのでは?」と悩みを抱えている方がいるかもしれません。そんなときは、ぜひ一度C-next不動産にご相談ください。

 

愛媛県松山市に拠点を置くC-next不動産であれば、不動産売買のプロが数多く在籍しているため、お客様の抱える不安の軽減を実現するべく全力でサポートいたします。物件買取のご相談にも対応しているので、不安を感じているようならぜひ一度ご連絡ください。

戻る